宮ノ谷〜風折谷出合〜高滝落差60m風折滝落差80m〜宮ノ谷【台高】



囲炉裏オフ

2009年02月22日【日曜日】晴れ後雨 
時間がなくレポはケルトさんにお願いしました〜f(^^;)。 
                             
1月半ばから会社の試験のため休日は試験勉強で缶詰状態ですっかり体がなまっていた。
試験も終わりやっと試験勉強から解放され久々のお山に行ける〜(しかし何もしていなかったから体がついていけるか心配・・・)。
今回の風折滝オフは、スリリングな場所があると聞いて、また自然のアスレチックを堪能出来ると期待に胸を膨らませてました!!今回は、ハリさんのお声掛けで鍋をすることになっていたので、それも楽しみ!
8時に近鉄榛原駅集合で車3台にそれぞれ乗り込んで出発〜。
            
  
コースタイム(全行程約6時間半)
宮ノ谷P 09:35〜風折谷出合10:20〜10:35高滝10:40〜10:50風折谷出合11:00〜12:05風折滝(昼食)14:10〜風折谷出合15:10〜15:50宮ノ谷P

←宮ノ谷渓谷遊歩道。
ピッコロ号には、教授さん・ユーエスさん・ケルトの4人。
車内では、教授さんもユーエスさんもこの山行にわくわくしているのが会話の中で伝わってきました〜 皆でわくわくしていて楽しい山行になりそう!
でも、今回の参加の方たちは、健脚ぞろいのようで、おいてきぼりにならないように気をつけなくちゃと思ってました。

駐車場に着いて、それぞれの自己紹介をして出発〜ピッコロさんを先頭に駐車場の端からはじまる道を歩いて行く、宮ノ谷沿いの歩きやすい遊歩道で、「あれっ 今日は、もしかしてずーっとこんな調子でいくのかなあ」と川を横目に平らな遊歩道を歩く。
←目の前に近寄ってきたカモシカ君。
途中で皆が止まったので、何があったんだろうと前へ見に行くと、すぐ近くに雄のカモシカがいて睨めっこをしながら皆思い思いに写真を撮っている、結構長いこと目の前にいてたので珍しいこともあるんだなあとこのサプライズに驚きました。
1時間ほど歩いたところで風折谷の出合となり左に行くと風折滝右へ行くと高滝の標識がある、高滝を見に行くことになっているのでザックを置いてまずは高滝を見に右側へと登って行きました。約15分ほどで正面に高滝が見え少し離れたところからしばらく眺めながら小休止した後風折谷出合へと戻ります。

←ドボンしないよう慎重に
ここからは、谷を歩いて行くことに。
お〜やっとピッコロ山行らしいところを歩いていくのね〜 スリリングな場所はどんな形で出てくるんだろうと期待しながら、谷沿いの岩の上を歩いて行き、ふと気づくとりんご畑さんが列から離れて、ひょこひょこっと慣れた足取りで自分でルート開拓しながら歩いて行き、その姿は仙人の様!。しばらくそんな感じで歩いていたところに、今回のメインイベント第一弾!二つのロープを使って、降りないといけない場所でここでは皆がとまどっていたのではないかと思います。
←岩を登る人と穴から出てくる人。
クリア−すればすぐに岩穴潜りor岩登りの場所が出てきました!穴を潜る人も居たけど大半は岩登り、私も高さ3mくらいの岩をロープを使って登るのですが、これがなかなか難しい(+_+)皆は、バランスよく登って行ったから、いける〜と思っていたら、なまった体は思うように動いてくれず大きなおしりの私はf(^^;) 、重くて上がれない〜、そんなどんくさい自分にショックを受けながら、後ろからユーエスさんが押してくれ何とかクリア〜、第二弾の岩は、水で濡れていて滑りやすくなっていて、ここもクリアするのが私だけが大変!ロープを持って上ろうとしたが体重と大きなおしりにうまく上がれず滑って岩に膝を打ち痛い思いしてY(>_<、)Y、どなたかに助けられながらなんとかクリア〜第三段はロ−プでの垂直岩登り、ここは足掛かりがあったので案外スム−ズに上れました。

←最後のロ−プです。
前もってピッコロさんから難所の事は聞いていたけど…、大丈夫と軽く考えていただけに体力が落ちていた事とまだまだ尻の青い自分を不甲斐なく思いました。
最後の難所を乗り越えると絶壁から流れ落ちる滝が見え風折滝に到着!!先週はまったく凍っていなかったらしいけど今日は滝の両側の壁が少し凍っていて茶色い絶壁のツララ?が太陽に照らされ少し輝いて見えています。
←滝前で昼食。
丁度お昼なのでさっそくお鍋の用意にかかります、ハリさんが用意してくれてのは、豚汁・キムチ鍋・よせ鍋・しお鍋の4種類。お野菜は全部切ってきてくれ、沢の水を使ってハリさんを鍋奉行にあやさんとケルトの女子3人で作っていきました。
私たちが作っている間に男性陣は、休憩を取る人、風折滝を見に行く人、焚き火をつくる人と思い思いに過ごし、豚汁から出来上がり、皆さんにできたものからふるまう。

←大量の食材f(^^;)。
ちょっと冷えてきたので、温かいものは助かる!しかし大量に鍋をつくったのでけっこう皆お腹いっぱいになりましたが、まだあるからなんとか食べて〜!鍋を空にして〜!と無理矢理食べてもらうはめに。大人数の時の食材の量をさし図るのは難しいものだなぁと感じました。
←戻りま〜す。
2時間の昼食休憩をとって、風折滝をバックにバンダナショットを撮り下山〜。
来た道を戻ります、帰りはリンゴ畑さんとヨッシーさんが慣れた感じでさっさと降りて行き、また一番の難所をリンゴ畑さんとヨッシーさんがなんなくクリアして、その次に私が行ったが鍋を食べ過ぎさらに体重が重たく、うまく上がれずおたおたしているとりんご畑さんが救いの手をさし出してくれ、軽々と上げてくれました〜 びっくりです!ものすごい腕力!!

←しっかりロ−プを握り。
その後はとんとんと順調よく下りて行き、ふと振り返ると他の人が来ない、りんご畑さん・ヨッシーさん・ハリさん・おまわりさん・ケルトの5人、待てど暮らせどなかなか他の人が来ないのに心配になって、誰か怪我したのなかあとザックを置いて見に戻ったところにピッコロさんの姿が見えてひと安心。やはり難所で時間がかかっていたようです、皆が無事であることがわかってほっとし駐車場へと戻ってきました。
皆が車に乗り込んだところで、雨が降ってきました、なんて運がいいのかしらと感じながら車の中では疲れてきたからウトウト(=_=) スヤスヤ・・、みのや温泉で汗を流しほっこりと出来気持ちよかったです〜。
←気持ちいい谷歩き〜。
その後近鉄榛原駅前にて解散!!
参加された皆様、大変お疲れ様でした〜、翌日もしくは翌々日に腕の付け根あたり筋肉痛になられていたんじゃないでしょうか?私は、翌日に(一応?若いから〜?)めちゃくちゃ筋肉痛でコートを着るときに腕が上がらずで大変でした。
今回は、いちばん年が若かったのにいちばんどんくさかったから、反省です(;一_一)またピッコロさんに鍛えなおしてもらおう〜。


駐車場 遊歩道歩き 広場で小休止
いい谷だなぁ〜 サポ−トする人 広場を通過
もちろん帰りは降りなければ バイカオウレン
少しだけ凍てついてた 2008年3月8日の画像











[PR]動画