明神平界隈の森歩き~【北部台高】


茸採り物語りⅡ


囲炉裏オフ


レポはケルトさん


 2011年10月23日(晴れ後曇り)

メンバ-のリクエストからオフ会をすることに。
ただキノコちゃんたちとの出会いがあるかは微妙だなあと、そこは何かあったらめっけものと思ってください、素敵な森歩きは期待大ですよ!!

参加の皆さん・・・ヨッシーさん・はちえもんさん・はっちさん・ブルコメさん・コメットさん・piccoloさん・ケルトの7名。

やはた温泉前に6時半に集合。自己紹介の後、取水広場に2台を置車して2台で大又の駐車場へ。

台風12号の影響で駐車地は1/3程のスペ-スになっているが、今回は時間が早かった為まだ3台しか止まっていなくて、よかった~ 7時に出発~。
 書き込みお待ちしていま~す♪管理人@ケルト&piccolo
←今年の紅葉はイマイチ。
前に来た時にサルナシ・山ぼうし・アケビが採れたことを説明しながら、林道を登っているとpiccoloさんが「おーい」と呼んでいる。

サルナシがまだあったみたいでそれをみんなの為に摘んでくれている。
ヨッシーさんと、はちえもんさんも蔓を引っ張るのを手伝ってくれ、皆さん初めてのサルナシを味わえた。また最初から幸先がいい~♪~。

登山口前の陥没帯を乗り越え少し休憩。今回ははちえもんさん・はっちさん・ブルコメさん・コメットさんと4人とも六甲全縦に出られるということでヨッシーさんを初め健脚ぞろいの山行となった。
←ヤマボウシ。
上の水場で休憩、10月も後半なので少し寒いんじゃないかと思っていたが以外に蒸し暑く凄い汗が出ている。
水場で顔を洗いサッパリ、上を見たらお天気も良くていい感じに紅葉している。
前日に雨が降っていたので、今回の森はしっとりしていい感じだろうなぁ!森に入るのが楽しみ!!
piccoloさんが山ぼうしがあるか見に行こうと2週間前に採れた場所へ移動。
もうないんじゃないかなぁと思っていたが、以前よりもふっくらと赤く熟した山ぼうしがたくさん実っていた。またpiccoloさんが木に登って採ってくれた。

←静かな森歩き~。
またまた皆さん初めての山ぼうしを味わえた。こんなにも膨らむんだぁとびっくりした。来年も楽しみ(*^_^*)。
明神平に9時ごろに到着~ ここで小屋をバックにバンダナショット。少し休憩をとって森の中へ。

森の中は、いい空気感~ しっとりとしていて木に張り付いた苔もきれいな緑色をしていて気持ちがいい~鹿道を歩いて、もしかしての出会いに期待を持ちつつ森の中を散策。
道を塞ぐ倒木にキノコちゃんが、食べられるものじゃないけど、観賞するのも楽しい~、沢を渡渉して斜面を横並びに広がってお宝探し。なかなか見つからない・・・( 一一)やはり時期が過ぎてるのかなぁ?でも森の中をあっちこっち歩き回るだけでも楽しい~。
←ブナシメジ。
piccoloさんに「あっちの木にありそうやから見といで」と言われ、ヨッシーさんとその木の所に行ったら、ブナハリタケが~~~~食べられるキノコちゃんゲッチュウ!!

はっちさんがブナシメジを発見!!それも摘む。なかなかいい感じになってきた~。
お昼の時間が近づいてきたので、お昼を食べるために沢へ移動。急斜面を下りていく。その時も横広がりで下っていく、すると何やらわんさかと生えている木を発見!!近づいていくとヌメリスギタケモドキの群生が、「わぁ~~~これは凄い!!!」皆に声をかける。
写真を撮ってから摘むことに。結構高い位置に生えているので、ここは背の高いヨッシーさんにお願いして摘んでもらう。

←もうナメコが~。
ばかばかと落としてもらい皆で拾い集める、スーパーの大きい袋、2袋が満杯に。「凄い採れたね~」と皆で喜ぶ\(^o^)/

あっちこっち見ながら下っていくとまたまた群生している木を発見!わ~っと近づいていくときらきらと光っている。これは~~~~~なんとナメコだ~~~~まさかまさかのナメコです~~~(T_T)またまた皆に声をかける。

piccoloさんが木に登って落としてくれ、またまた皆で拾い集め2袋が満杯。
今回は、大々収穫~☆こんなに採れると思っていなかったから楽しさ倍増!!
←捜索中(=^_^=)。
そろそろお腹もすいた~、昼食場所の沢に下り各自で用意して食べる。はちえもんさんが梨とグレープフルーツを皆に差し入れしてくださった。
山でいただく果物はおいしい~お昼も食べ終わったころ周りを見ると皆お昼寝している。

私たちの山行はいつも集合時間が早いので皆さん睡眠不足かも?はっちさんだけは、この貴重な時間を散策に費やしているよう。凄く楽しんでいただいてるようでこちらもご案内した甲斐がありとても嬉しい!

時間も13時すぎたのでキノコちゃんたちを分け合って、下山に入る。下山は、薊岳手前から駐車地に着地するバリルートを行く。

←ゲキ下り~。
曇りから晴れになるはずが、だんだんお天気模様が怪しくなってきた。
ガスも出てきて、だんだん肌寒くなってきた、小雨が降り出したので、レインウェアの上だけ羽織る。

piccoloさんが「ここから下りていきます」ということで登山道から外れて最後はお楽しみのバリルート。

トットコットットコ下りていくと熱くなってきた。雨もやんだよう。レインウェアを脱いで一気に下りていく。
←駐車地端に無事着地。
ふとはっちさんを見ると目がランランと輝いている。木を掴みながら急斜面を下りていかないといけないのだけど、楽しくて仕方ないようだ。
piccoloさんと「よかったね」とアイコンタクト!ユッコさんもいたらきっと楽しんでもらえただろうなあ。
最近はバリルートを歩きたいという女性が出てきてくれたので凄くうれしく思っている。あっという間に駐車地へ。

皆さんにサルナシ・山ぼうしを味わっていただき、キノコもお持ち帰りしていただいたので森歩きだけじゃない楽しい山行になりました。

来年も楽しみだ!!

ヌメリスギタケモドキ ナメコ~
ほとんど落葉してます 前山ゲレンデ
薊岳への稜線歩き
ヌメリスギタケモドキ
ヌメリスギタケモドキ スッポンタケ
残り紅葉











[PR]